三菱UFJフィナンシャル・グループがアメリカの仮想通貨技術会社に出資

三菱UFJフィナンシャル・グループがアメリカの仮想通貨技術会社に出資

株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は、アメリカのニューヨーク州にある仮想通貨技術会社であるChainalysis, Inc.(チェイナリシス社)への出資を株式会社三菱 UFJ イノベーション・パートナーズ(MUIP)の運営ファンドを通じて行うことを発表しました。

チェイナリシス社は、情報のプライバシーを守り、機械学習などの技術を駆使して、仮想通貨における違法な取引などの捜査を行う仮想通貨業者や金融機関に技術を提供する企業で、本出資によってアジア太平洋地域での事業展開の拡大やオフィス開設を検討するとのことです。

また今回の出資の目的としてMUFGは次のように述べており、日本の仮想通貨領域の健全な発展を促成させることが期待されます。

チェイナリシス社は、仮想通貨領域におけるコンプライアンス技術やツールを提供する業界屈指の企業です。近年、仮想通貨の基盤技術であるブロックチェーン等の分散台帳技術の研究や分散型の金融システムへの応用が進む中、このシステムをより信頼性のあるものにするためには、それらを支えうるシステム基盤や法規制遵守への対応が求められています。 チェイナリシス社のコンプライアンス技術は、金融機関が次世代のコンプライアンス態勢を構築するにあたり求められる仮想通貨分野におけるマネーローンダリング対策において重要なものとなります。MUFG とチェイナリシス社は、本出資により、これまで以上に戦略的な関係を強化するとともに、日本およびアジア太平洋地域における仮想通貨領域の健全な発展を後押ししてまいります。

www.mufg.jp
 
https://www.mufg.jp/vcms_lf/news/pressrelease-20190417-001.pdf
https://www.mufg.jp/vcms_lf/news/pressrelease-20190417-001.pdf